ブログトップ | ログイン

カテゴリ:パン作りレク( 435 )

パンレク ~ 真っ黒くろすけハロウィンパン ~

 だいぶ世の中に浸透してきているとはいえ、あまり馴染みのないハロウィン・・・

 ネット社会を生きつつも、取り残されている気配の“やと”職員たち。
「ハロウィン」らしさとは何か!?と検索。

 検索の結果=かぼちゃ・黒・グロテスク・おばけ・くもの巣・・・等と認識(笑)

 そんな浅い知識の中から考案したのが今週のパンレクメニュー♪
今週はちょっと早いですが、ハロウィンに向けてのパンをお作りいただきます!

e0222340_1553397.jpg
 いつものホワイトカラーとは違い竹炭入りの“黒色”の生地と、
e0222340_15531298.jpg
“黄色”のかぼちゃ餡をご用意させていただき、薄っぺらい知識の中での精一杯のハロウィンらしさを表現させていただきました(笑)

e0222340_1553948.jpg
 まずはこの竹炭入りの黒い生地をいつもの様に丸めていただいて、
e0222340_15534372.jpg
ベンチタイムの間にフィリングのかぼちゃ餡を個数分に丸めていただきます。

 成形はいたって簡単♪
e0222340_1554213.jpg
 皆様お手の物の“あん包み”、生地を伸ばしていただきそれぞれの生地でかぼちゃ餡を包んでいただきます。

 餡を包んでいただいたら一先ず休憩、仕上げの発酵となります。
 発酵後は“休憩”を続けていただきそのままオーブンへ・・・・ 

 そして焼成後には、皆様が難儀されることの多い仕上げの工程です。
e0222340_15542292.jpg
 「目の部分はやはり白の方が際立つし・・・」、「黒い生地の上には白の方が・・・」と検討の結果、アイシングでジャックオーランタンやおバケかぼちゃの顔を描き入れていただきます。

 すると・・・

e0222340_15543327.jpg
e0222340_15542767.jpg
 見た目はハロウィン!
e0222340_175662.jpg
 断面もハロウィンカラーの“やと風”ハロウィンパンが焼き上がりました♪

e0222340_15542596.jpg
 口からかぼちゃ餡が吹き出し、より不気味になっているパンも(笑)

by d-yato | 2019-10-15 17:51 | パン作りレク

パンレク ~ やと栗パン ~

 9周年イベントで、2週間ぶりとなるパン作りレク。
今週は“和”と、温暖化の影響か曖昧になっている様な日本の四季を感じていただきたく、今が旬の栗を使ったパンを焼いていただきます♪

e0222340_15491367.jpg
 ご用意させていただいたのはいつもの生地と“栗あん”。
甘味好きの皆様は、フィリングの“栗あん”を前に満面の笑顔。

 さて、それではスタートです。

 いつもの生地を丸めていただきベンチタイム。
ここまでは皆様「後は餡子を包むの?」、「伸ばして餡子を包んであんぱんにするのよね?」と先に待ちうける成形とお持ち帰り後の実食を想像されてワクワクですが・・・

 一筋縄でいかないのがやとのパンレク。
「今日はせっかくなので栗の形にして貰います。」の一言に「え???」と凍りつくパンレクテーブル(笑)
e0222340_15524541.jpg
 ベンチタイム後の生地を四角く伸ばし、
e0222340_1553588.jpg
 “栗あん”を乗せて、
e0222340_15535024.jpg
挟んで端をしっかり摘まんで止めていただいて・・・

 「私このままで良いわ」なんて声も(笑)

e0222340_15545395.jpg
 フィリングを挟み三角形になった生地を頂点を残してぷっくりと「栗」らしく見える様に形を整えていただきます。
e0222340_15571069.jpg
 栗のおしり?となる部分に水バケをして、
e0222340_15581353.jpg
ケシの実をまぶしていただきます。

e0222340_16018.jpg
 むむむ・・・ 少し栗らしく見えてきました?

 発酵後には、「ケシの実の所は残して上の部分にだけ!」と何度も念をおしながら、ツートンカラーでしっかりと分かる様にと塗卵をしていただきます。
e0222340_1603489.jpg
 これがなんとも繊細で神経を使う工程となりまして、いつものハケだけではなく久し振りにパンレク絵描き用の細筆もご用意させていただきました。(発酵前に履かせたスカートが脱げない様に、慎重にブラウスを着せるといった感じでしょうか?)

 丁寧に卵を塗り終えられた後、いざオーブンへ!!

e0222340_1634449.jpg
 焼き上がりは一見すると和菓子風、ちょっと変わった形の栗のあんぱんが焼き上がりました!
e0222340_163473.jpg
 気候は秋らしくなくとも、少しでも秋を感じていただけたら嬉しいです♪

by d-yato | 2019-10-08 17:45 | パン作りレク

パンレク ~ 秋の夜長に・・・ シナモンレーズンパン ~

e0222340_17301698.jpg
 台風が通り過ぎ、温暖低気圧となった今朝はめずらしく富士山が笠を被っておりました♪

 さて、今週のパンレクはメニュー名通り、シナモンとレーズンを巻き込んだ、健康志向なパンを焼いていただきます。

 今さらながら、なぜシナモンとレーズンを材料にしたのかとご説明いたしますと・・・

 〔効果〕
 シナモン:毛細血管の保護・修復 
 ・毛細血管の炎症により発生するシワやシミ、たるみ等のお肌の老化を防止。
 ・水分代謝の調節をしてくれる作用があり、発汗を促し浮腫みを予防。
 ・抗菌作用が強く、口臭や風邪の予防はもとよりリラックス効果や記憶力の向上。

 レーズン:ポリフェノール・アントシアニンが豊富
 ・抗酸化作用によるアンチエイジングが期待されている。
 ・ガンや動脈硬化、アルツハイマーの予防、血糖値を正常化する作用もある。
 ・食物繊維や鉄分、カリウムが豊富なため、女性に多い便秘や貧血、これまた浮腫みの解消や免疫力の向上。

 と・・・ 夏の疲れが出現し、気温差により体調を崩しがちなこの時期にもってこいの食材だからです!
e0222340_17285131.jpg
 ということで、シナモン&レーズンをご用意させていただいてパンレクスタートです♪

e0222340_17294258.jpg
 お久し振りのパン生地のふわふわ感触を楽しんでいただく間もなく、いつもより大きな生地を早々に丸めていただきます。
e0222340_17322456.jpg
 ベンチタイムの後は“サブレ”作りの必須アイテム“麺棒”を使用して、生地を四角く伸ばし広げていただきます。
e0222340_1733061.jpg
 伸ばしていただいた生地の全体にレーズンを広げて、
e0222340_17333464.jpg
その上にシナモン&グラニュー糖を振り掛けて、
e0222340_1734056.jpg
フィリングを全て広げて、生地を端から巻き込み“太巻き”にしていただきます。
e0222340_17344123.jpg
 こんな感じです。
e0222340_1735146.jpg
 太巻き、棒状になった生地を等分にカットして、こぼれ落ちたレーズンをしっかりと詰め込んで(笑)
e0222340_17354920.jpg
 アルミカップの中に移し入れていただいたら発酵です。

e0222340_1542524.jpg
 発酵後には塗卵をしていただきスライスアーモンドをトッピング♪

e0222340_1737286.jpg
 焼き上がり後にはトッピングシュガーを振り掛けて・・・・

e0222340_15425511.jpg
e0222340_1738474.jpg
 秋の夜長、バレーボール?ラグビー観戦?をされながらのティータイムにもってこいのスイーツなパンが焼き上がりました♪

by d-yato | 2019-09-24 18:11 | パン作りレク

パンレク ~ 本家においつけ追い越せ!! ス●バ風チョコスコーン ~

 前回の“やとサブレ”があまりのご好評で(笑)

 以前から職員より「スコーンはやらないの?スコーンみたいのも良いんじゃない?」との声も聞こえていたことから・・・

 今週は再び!!(真似っこシリーズ?)

 今回は、日本上陸以来人気の衰えぬス●ーバックスコーヒーのチョコチャンクスコーンを目指して、やと流チョコチャンクスコーンを焼いていただきます♪

 今回も生地をお一人ずつ作っていただこうかと考えましたが・・・

 さすが発祥地が大国なだけあって“やとサブレ”の様な繊細さは邪魔になり、“しっかりと”ではなく“ザックリ”とがポイントのスコーン(笑)

e0222340_15343381.jpg
 ベテラン主婦の皆様にお願いをすると、きっちりしっかりとなってしまいそうなので、この度は職員の見守りの中で“適当に”“ザックリと”と声を掛けさせていただきながら共同作業で進めていただきました。

e0222340_1535199.jpg
 粉類をヘラで“ザックリ”と混ぜていただき、オイルを加えて全体に馴染ませる様に再び“ザックリ”“さっくり”。

 「もっとちゃんと混ぜなくても良いの?」と心配される声に「大丈夫です!!」とお答えさせていただき、
e0222340_1537840.jpg
自信満々にチョコレートを加えていただきます。
e0222340_15374635.jpg
 再び軽く“ザックリ”と混ぜ合わせていただいたところで、水分を少しずつ投入。共同作業はここで終了。

 力を合わせてまとめていただいた生地を分割させていただき
仕上げの工程は皆様それぞれにお願いいたしました♪

e0222340_1540435.jpg
 愛情を込めてお渡しした生地をまとめていただき、ここも前回と打って代わって“適当に”手の平で2~3㎝の厚みに押し潰し、広げていただきます。

e0222340_15405524.jpg
 スケッパーで、広げて伸ばした生地をカットしていただき生地の完成です♪

 モミモミコネコネに苦戦をされた前回や前々回と比べて皆様のご負担が少なく、少々拍子抜けな工程となりましたが、「これも薄くし過ぎない方が良いのよね?」、「小さ過ぎない方が美味しいわよね?」と“生地の厚み”や“生地の大きさ”を確認されながら、焼成後の歯応えや食べ応え等を考え相談されつつ、真剣な表情で仕上げの工程に取り組まれる皆様。
e0222340_1544065.jpg
 焼成の前には塗卵をしていただきグラニュー糖を振り掛けて。

e0222340_15443594.jpg
e0222340_15444524.jpg
 本家にはないスパイスを加えた“やと流”のチョコスコーンが焼き上がりました♪

by d-yato | 2019-09-17 17:47 | パン作りレク

パンレク ~ コーヒー&アールグレイ味のやとサブレ ~

 色々検討した結果、「鉄は熱いうちに打て」という言葉を思い出し、今週も前回に引き続き、梶原銘菓の“やとサブレ”を焼いていただくことにいたしました(笑)

 事前に第1弾“やとサブレ”の感想を伺わせていただいたところ大好評♪
ですが、同じ物、同じ味のサブレはもちろん登場いたしません。

 そして、皆様からの「薄く伸ばし過ぎない方が良かったかも」、「もう少し生地を厚くしたらもっと美味しいと思う」、「型が沢山あったからいっぱい作ろうと思って生地を薄くしちゃったの」、「本当は2種類の味があると良いんだけど(笑)」等の反省点やご感想としっかりと受け止めさせていただきます!

 第1弾は“やと”→“810”→“ハト”ではなく“ハート♡”でハート型にしていただきましたが、この度は13日の十五夜に照準を合わせて「うさぎの型で抜いていただこう!」と、先週末より思い当たる節のある職員数名がそれぞれの自宅の捜索を開始!!

 そして、悩みに悩んだ末のコーヒーとアールグレイの2種類のフレーバーで、苦労の末ご用意させていただいた“うさぎ”の抜き型をメインにした第2弾やとサブレとさせていただきました。

e0222340_17162569.jpg
 と言うことで、今週はリクエストにお応えし、お一人様二つずつ粉を合わせた袋をご用意させていただき、ビニールの口を閉じながら粉類が漏れない様に振り合わせていただきます。

 前回は次にバターを投入させていただきましたが、
e0222340_17173172.jpg
今回はコーヒーと細かくすり潰したアールグレイの茶葉を加えて更にフリフリ・・・
e0222340_17182748.jpg
 前回同様に予め冷蔵庫で冷やしておいたバターを加えて、
e0222340_17191374.jpg
モミモミスリスリ粉類とバターを馴染ませていただきます。
e0222340_17193695.jpg
 バターが馴染んだところで卵を加えて再び袋の上からモミモミ・・・
e0222340_1720718.jpg
 一まとめになった頃合いで袋の中で揉み折り畳みながら生地をまとめて平に広げていただきます。

 2週続けての工程を手際よく難なく進められて・・・
e0222340_1721254.jpg
 気付くと生地が冷凍庫に入れる冷却を待つだけの状態に(笑)
e0222340_1722050.jpg
 冷却後の生地は麺棒で伸ばしていただいた後、
e0222340_17225792.jpg
e0222340_17233584.jpg
“うさぎ”の型をメインに?型抜きをしていただきます。
e0222340_172354100.jpg
 こちらをそのままオーブンへ。

 オーブンから漂う甘い香りにウットリとしながら焼き上がりを待つこと13分。

 出てきたのは・・・
e0222340_17261948.jpg
e0222340_17263566.jpg
 お持ち帰り後の実食が楽しみな、2種類味のやとサブレが焼き上がりました♪

e0222340_17303458.jpg
 今週は、お持ち帰りの袋を「うさぎ」に見立てて、最後の最後に皆様にうさぎの顔を描き入れていただくおまけ付き・・・
e0222340_17311195.jpg
 一番難儀されていた工程がラッピング袋の顔描きだった様な・・・・(笑)

by d-yato | 2019-09-10 18:07 | パン作りレク

パンレク ~ やとサブレ ~

 鎌倉土産で有名な豊●屋さんのサブレに対抗している訳ではございません。
地元鎌倉ゆえ、生まれた頃からお世話になっているので便乗しているのです(笑)

 ということで、今週のパンレクでは“豊●屋さんに追い付け!”と言わんばかりのネーミングのやとサブレーを焼いていただきます!

 でも、やとサブレ? 何か特色が? と聞かれると何とも返答に困るところではございますが、甘味好きな皆様に、鎌倉銘菓のサブレに似せた甘いサブレを♪

e0222340_1813276.jpg
 今回は、粉を合わせたビニール袋をお一人様一つずつご用意させていただき、
e0222340_18133017.jpg
ビニールの口を閉じながら粉類が漏れない様に振り合わせていただきます。
e0222340_1814254.jpg
 その中に予め冷蔵庫で冷やしておいたバターを加えて、モミモミスリスリ粉類とバターを馴染ませていただきます。
e0222340_1815710.jpg
 バターが馴染んだところで、卵を加えて再び袋の上からモミモミ・・・
e0222340_18155051.jpg
 一まとめになった頃合いで、
e0222340_18175571.jpg
袋の中で揉み折り畳みながら生地をまとめて、袋の上から麺棒を使い平に広げていただきます。

 ここまでひたすら続けていただいた両手の離握手運動も、ここでようやく一段落。
平らに広げていただいた生地は、型抜きを前に生地を扱い易くすべくいったん冷凍庫へ・・・

e0222340_18192686.jpg
 冷却後の生地は麺棒で伸ばしていただいた後、皆様お好きな形に型抜きをしていただきます。

 真剣な表情で生地作りに取り組まれていた皆様も、型抜きの段階では表情が和み「その形も可愛いわね」、「小さくしたらいっぱいになるから」等と交流を楽しまれながらの型抜きに♪

e0222340_18213083.jpg
 “膨らむので間隔を空けて下さい”とはお伝え致しましたが、天板いっぱいに並んだやと→810→ハート♡の女子力満載のやとサブレ!
「くっついても味は同じだし」とワクワクドキドキの中、いざオーブンへ!

 オーブンから漂う甘い香りに癒されながら焼き上がりを待ち続け、出てきたものは・・・

e0222340_18225233.jpg
e0222340_1823336.jpg
 見事な“やとサブレ”!

 今回は“プレーン”でお作りいただいたやとサブレですが、皆様の手指の疲労が癒えた頃に“あんな味やこんな味”となって登場するかもしれません(笑)

「やとサブレ」・・・鎌倉銘菓・鎌倉土産として定着はしないと思いますが、やとのパンレクとして今後の定着をひそかに計画中でございます。

 新たな梶原銘菓の“やとサブレ”、どこまで定着するか乞うご期待下さい。

by d-yato | 2019-09-05 18:26 | パン作りレク

パンレク ~ くるみ塩パン ~

 今週は、お砂糖(グラニュー糖など)ではなくお塩をトッピングしたパンを焼いていただきます。

 塩パンは以前にもお作りいただきましたが、今回は生地にくるみを加えて香ばしさをUPしました!
e0222340_13162472.jpg
 カラカラと軽快なリズムを奏でる捏ね機の中から取り出したクルミ入りの生地♪

 昨今の木の実ブームに便乗しつつ、木の実が加わっているだけで香ばしさが増します!
e0222340_13185675.jpg
 いつもの様に分割&丸めをお願いし、ベンチタイム後の成形スタートです!
e0222340_13195438.jpg
 生地をしずく形に丸めていただいてから、端から麺棒で伸ばしていただきます。
e0222340_13255226.jpg
 そして、ご用意させていただきましたのはバター!
e0222340_13204614.jpg
 広げた生地の巻き始めに置いていただき、クルクルっと。
フィリングのバターが、発酵や焼成の際に溶けて流れ出ないように、バターを芯にして端から巻き込んでいただきます。
e0222340_1322462.jpg
 巻き込み終えれば、クロワッサンかロールパンかお好み成形♪

e0222340_13283953.jpg
 ここで、本日の目玉、岩塩とオリーブオイルの登場です!
e0222340_13292737.jpg
 塗り卵の代わりにオリーブオイルを塗っていただき、
e0222340_13295599.jpg
トッピングの“岩塩”を振り掛けていただいていざオーブンへ!

e0222340_133143.jpg
e0222340_13312476.jpg
 今週の焼き上がりのキラキラは甘くない岩塩となりますが、見た目も香りも“売り物”のような、クルミ入りの塩パンが焼き上がりました♪

by d-yato | 2019-08-29 18:14 | パン作りレク

パンレク ~ ふんわり“あん”ドーナッツ ~

 前回のドーナッツがあまりにも好評でしたので・・・

 また、前回の成形の際には、「餡子は入らないの?」なんてご要望もあり・・・

 今週は皆様のリクエストにお応えし、“あんドーナッツ”とさせていただきました!
e0222340_10464321.jpg
 今週も、先週と同様に粉類の配合が若干違うだけの見た目ではいつもとの違いが分からない生地をご用意させていただきましてパンレクスタートです♪
e0222340_10481414.jpg
 分割→丸め→ベンチタイムと、一通りの工程を行っていただいてからの・・・

 待ちに待った成形、“あん包み”です!

e0222340_10511015.jpg
 生地を麺棒で伸ばしていただき、
e0222340_1050664.jpg
中央に餡子を乗せて、
e0222340_10513190.jpg
付け合わせた生地(底の部分)が厚くならない様に生地を伸ばしながら餡子を包んでいただきます。
e0222340_10534086.jpg
 前回は中心に穴を開けていただきましたが、今週は穴もおへそも作らずに成形をしていただきました。
e0222340_10545268.jpg
 そして今回も仕上げ発酵後の“油揚げ”は、前回同様に必死の形相で職員が代行をさせていただき、揚げ上がり後のドーナッツには、
e0222340_1519285.jpg
皆様が大好きな粉糖やグラニュー糖をまぶしていただく魅惑の工程でございます♪

 そして・・・

e0222340_15201030.jpg
 トッピングのグラニュー糖がキラキラと光る“あんドーナッツ”が完成です♪
e0222340_15211487.jpg
 イースト発酵のドーナッツは本当にふんわりと軽い食感で、試食を一切れ口にした職員も「すっごいふわふわ!! 美味し~い!」、「もっと食べたい!」と大絶賛。

 食欲が低下しがちなこの時期に、美味しく召し上がっていただけるのでは?と、“辻がメニューに行き詰った訳でもない!”今週のパンレクスタートでした(笑)

by d-yato | 2019-08-24 18:12 | パン作りレク

パンレク ~ ふんわりドーナッツ ~

 今週はいつもと趣向を変えまして・・・

 イースト発酵のドーナッツを焼く → 揚げていただきます♪
e0222340_15192031.jpg
 ご用意させていただいた生地はご覧の通り、粉類の配合が若干違うだけのいつもと変わらない生地・・・
e0222340_15201612.jpg
 工程も分割 →丸め → ベンチタイムと、ここまでは同じでスムーズに進行しましたが、ベンチタイム後の成形は大勝負が!
 ドーナッツの一番大事な真ん中の穴開けとなります!!
e0222340_15224825.jpg
 丸め直した生地を少し潰していただき、
e0222340_15231830.jpg
中心目掛けて、最初はそっと次第に大胆に穴を開けていただきます♪
e0222340_15253690.jpg
 生地が指に付かない様に少しばかりの粉を振りながら、「発酵で穴が閉じておへそになってしまうので!」、「もっと大きく!」、「もう少し穴を広げて!」と何のためにある穴なのか分からないながらも、穴開けに盛り上がるパンレクテーブル(笑)
e0222340_15265939.jpg
 成形後の生地をオーブンペーパーの上に置いて仕上げの発酵です。
e0222340_15274535.jpg
 発酵後には職員が調理場に立ち必死の形相で油揚げ!
e0222340_15295275.jpg
 揚げ上がりのドーナッツは粗熱が冷めたのを見計らい粉糖と、
e0222340_15304135.jpg
グラニュー糖をまぶしていただき・・・
e0222340_15314052.jpg
e0222340_15315848.jpg
見事に売り物の様なドーナッツの完成です♪

 お持ち帰りの袋に油がしみてしまわない様に、お砂糖が取れてしまわない様にと、しっかりと冷めてからお持ち帰りのラッピング。

e0222340_15331636.jpg
 ふわふわの揚げ立てを召し上がっていただけないのは残念ですが、ミ●ターやク●スピーク●ームの上をいくと思い込んでいるお手製のドーナッツ。

 食べ過ぎご注意でお願いします♪

 そして、大変暑い日が続いた今週は・・・
e0222340_17225573.jpg
 皆様が大いに盛り上がる毎年恒例の流しそうめんを行いました♪

by d-yato | 2019-08-17 18:06 | パン作りレク

パンレク ~ 白玉粉の和風ポンデケージョ ~

 毎日暑い日が続き、熱中症や酷暑被害に関するニュースが連日報道されているこの時期、毎年の事ながら「無添加ゆえ」メニューの限られてしまうパンレクです。

 そんな中、今週は趣向を変えて生地も材料も純和風の“ポンデケージョ”を焼いていただきます。

 普段は“タピオカ粉”を使うポンデケージョですが、今週は白玉粉をご用意。
粉類や油脂等の材料を計量してテーブルへ・・・・ 

 今週は混ぜて丸めるだけの簡単な工程でしたので、粉を混ぜていただく所から皆様にお願いいたしました。

e0222340_15464225.jpg
 順番に粉を混ぜていただき、
e0222340_14574451.jpg
 黒ゴマ。
e0222340_15474898.jpg
 醤油入り卵。
e0222340_15481111.jpg
 そしてバター。
e0222340_15482846.jpg
 その中に水分と油脂を加えてコネコネ・・・
「気持ちが良いわ♪」と五感を刺激する手触りに笑顔があふれるパンレクテーブル。
e0222340_14585320.jpg
「しっかり混ぜて下さいね」、「あら、あなたちょっとそこにまだ粉が・・・」と、声を掛け合い本当の共同作業を和気あいあいと楽しまれる皆様。
e0222340_14595535.jpg
 お醤油と黒ゴマの入った和風のポンデケージョ。
しっかりと混ぜ合わさった所で分割です。
e0222340_1503189.jpg
 いつもより少し小さめに分割した生地を丸めていただき・・・
e0222340_1505138.jpg
 いざオーブンへ!!

e0222340_1511142.jpg
 本来はチーズが入りカロリーが高い事で有名(?)なポンデケージョですが、チーズを加えずお醤油と黒ゴマを加えた和風仕立てのポンデケージョ♪
e0222340_1513235.jpg
 カロリーを気にされる事なくモチモチ食感とお醤油の香ばしさをお楽しみいただけたら幸いです。

by d-yato | 2019-08-10 17:55 | パン作りレク