ブログトップ | ログイン

カテゴリ:パン作りレク( 427 )

パンレク ~ ふんわりドーナッツ ~

 今週はいつもと趣向を変えまして・・・

 イースト発酵のドーナッツを焼く → 揚げていただきます♪
e0222340_15192031.jpg
 ご用意させていただいた生地はご覧の通り、粉類の配合が若干違うだけのいつもと変わらない生地・・・
e0222340_15201612.jpg
 工程も分割 →丸め → ベンチタイムと、ここまでは同じでスムーズに進行しましたが、ベンチタイム後の成形は大勝負が!
 ドーナッツの一番大事な真ん中の穴開けとなります!!
e0222340_15224825.jpg
 丸め直した生地を少し潰していただき、
e0222340_15231830.jpg
中心目掛けて、最初はそっと次第に大胆に穴を開けていただきます♪
e0222340_15253690.jpg
 生地が指に付かない様に少しばかりの粉を振りながら、「発酵で穴が閉じておへそになってしまうので!」、「もっと大きく!」、「もう少し穴を広げて!」と何のためにある穴なのか分からないながらも、穴開けに盛り上がるパンレクテーブル(笑)
e0222340_15265939.jpg
 成形後の生地をオーブンペーパーの上に置いて仕上げの発酵です。
e0222340_15274535.jpg
 発酵後には職員が調理場に立ち必死の形相で油揚げ!
e0222340_15295275.jpg
 揚げ上がりのドーナッツは粗熱が冷めたのを見計らい粉糖と、
e0222340_15304135.jpg
グラニュー糖をまぶしていただき・・・
e0222340_15314052.jpg
e0222340_15315848.jpg
見事に売り物の様なドーナッツの完成です♪

 お持ち帰りの袋に油がしみてしまわない様に、お砂糖が取れてしまわない様にと、しっかりと冷めてからお持ち帰りのラッピング。

e0222340_15331636.jpg
 ふわふわの揚げ立てを召し上がっていただけないのは残念ですが、ミ●ターやク●スピーク●ームの上をいくと思い込んでいるお手製のドーナッツ。

 食べ過ぎご注意でお願いします♪

 そして、大変暑い日が続いた今週は・・・
e0222340_17225573.jpg
 皆様が大いに盛り上がる毎年恒例の流しそうめんを行いました♪

by d-yato | 2019-08-17 18:06 | パン作りレク

パンレク ~ 白玉粉の和風ポンデケージョ ~

 毎日暑い日が続き、熱中症や酷暑被害に関するニュースが連日報道されているこの時期、毎年の事ながら「無添加ゆえ」メニューの限られてしまうパンレクです。

 そんな中、今週は趣向を変えて生地も材料も純和風の“ポンデケージョ”を焼いていただきます。

 普段は“タピオカ粉”を使うポンデケージョですが、今週は白玉粉をご用意。
粉類や油脂等の材料を計量してテーブルへ・・・・ 

 今週は混ぜて丸めるだけの簡単な工程でしたので、粉を混ぜていただく所から皆様にお願いいたしました。

e0222340_15464225.jpg
 順番に粉を混ぜていただき、
e0222340_14574451.jpg
 黒ゴマ。
e0222340_15474898.jpg
 醤油入り卵。
e0222340_15481111.jpg
 そしてバター。
e0222340_15482846.jpg
 その中に水分と油脂を加えてコネコネ・・・
「気持ちが良いわ♪」と五感を刺激する手触りに笑顔があふれるパンレクテーブル。
e0222340_14585320.jpg
「しっかり混ぜて下さいね」、「あら、あなたちょっとそこにまだ粉が・・・」と、声を掛け合い本当の共同作業を和気あいあいと楽しまれる皆様。
e0222340_14595535.jpg
 お醤油と黒ゴマの入った和風のポンデケージョ。
しっかりと混ぜ合わさった所で分割です。
e0222340_1503189.jpg
 いつもより少し小さめに分割した生地を丸めていただき・・・
e0222340_1505138.jpg
 いざオーブンへ!!

e0222340_1511142.jpg
 本来はチーズが入りカロリーが高い事で有名(?)なポンデケージョですが、チーズを加えずお醤油と黒ゴマを加えた和風仕立てのポンデケージョ♪
e0222340_1513235.jpg
 カロリーを気にされる事なくモチモチ食感とお醤油の香ばしさをお楽しみいただけたら幸いです。

by d-yato | 2019-08-10 17:55 | パン作りレク

パンレク ~ 令和イングリッシュマフィン ~

 決してメニューのネタが切れた訳ではありません・・・
新しいメンバー様も増えたという事で、今週は、かなり昔に作っていただいたお食事パンを焼いていただきます!

 いつもは手作りの型を使っていただいているやとのパンレクですが、なんと今週はNS佐野から譲り受けた素敵なアイテム(セルクル型)をご使用いただきます♪

 ステンレスの型が並んだだけでググッと本格的な雰囲気が漂い、菓子パンでも総菜パンでもございませんが心なしか皆様の背筋がいつもよりピンと伸びている気がするパンレクテーブル(笑)

e0222340_1432312.jpg
 今回は、香ばしさとプチプチ食感の決め手となるコーングリッツを加えた、いつもより少し黄色みがかった生地をご用意。

 生地の中の油脂量が少なく成形が簡単な事から、
e0222340_14324821.jpg
生地が型に付かない様にといつもは事前に職員が行わせていただいている“型の回りにバターを塗る”下準備も、皆様にお願いをして準備万端にパンレクスタートです!

 ベンチタイム後の生地を丸め直していただき、
e0222340_14333729.jpg
型に入れる前にコーングリッツを敷き込んだバットの上で転がしていただきます。
e0222340_14352985.jpg
 そのコーングリッツを纏った生地を、バターを塗った型の中にそっと入れていただいたところで発酵です。
e0222340_14365564.jpg
 発酵により型からはみ出すほど膨らんだ生地ですが・・・・
e0222340_14371059.jpg
 皆様が目にされる平らな“イングリッシュマフィン”とさせるため、焼成の際に一層膨らんでしまう事のないよう重石代わりの網を乗せて、いざオーブンへ!

e0222340_17462376.jpg
 外側の“黄色い粉”が特徴的なイングリッシュマフィン♪

e0222340_14388100.jpg
 “黄色い粉”コーングリッツを生地の中に、また、生地の外側にもふんだんに使用して「粉がポロポロ落ちて食べ難いけれどプチプチ食感が楽しめる!」“パ●コ”や“ヤマ●ザキ”に負けないイングリッシュマフィンが焼き上がりました♪

by d-yato | 2019-08-01 18:19 | パン作りレク

パンレク ~ ココアシュガーのバタートップパン ~

 今週は、皆様お待ちかねの甘い菓子パンを焼いていただきます♪

 では、早速。
e0222340_15425564.jpg
 ベンチタイム後のいつもの生地を麺棒で伸ばし広げていただきます。
e0222340_15435014.jpg
 “粉末”が飛ばない様に、寄らない様にと、伸ばした生地の表面に水バケをしていただき、その上にココアシュガーを振り掛けていただきます。

 ここまで来たら、今週は終わったも同然!(早っ)

e0222340_15445542.jpg
 ココアシュガーを広げた生地を端からクルクルと巻き込んで、閉じ目をしっかりと摘まんでいただきます。
e0222340_15455253.jpg
 閉じ目と摘まんだ生地を等分にカットしていただいたら・・・
e0222340_15461495.jpg
ご覧の通り♪

 珍しく二週続けての惣菜パンでしたので、いつもより一層喜んでいただけたらと、仕上げに一つ二つ工夫を施して・・・・

e0222340_15471486.jpg
 発酵後の生地にいつもの様に塗卵。
ここまでですと、シナモンロールならぬココアロール。
e0222340_154747100.jpg
 それだけじゃぁ足りない!!と、小さく千切ったバターを乗せていただき、
e0222340_15482980.jpg
その上にグラニュー糖を振り掛けて、ココアロールのバタートップ♪
e0222340_1549351.jpg
 さらに「もう一声!」で、スライスアーモンドをトッピングしていただきます!

 そうして、焼き上がったパンは・・・
e0222340_15503091.jpg
e0222340_1552284.jpg
 なんとも素敵なコラボレーション!!  

「今週は簡単で良かった」、「甘いパンで嬉しい」と、今回は最初から最後まで満面の笑顔♪

 メニューの考案が難しいパンレクですが、お陰様で今週のパンは満点をいただけた様です!

 画像だと香りをお届け出来ないのが本当に残念なのですが・・・
e0222340_15532616.jpg
 焼成の際にオーブンから漂う甘い香りがフロア中に・・・  

 なんと甘美な・・・

by d-yato | 2019-07-23 17:44 | パン作りレク

パンレク ~ ベーコンマヨの向日葵パン ~

 まだ梅雨明けはしてもらえませんが・・・
今週は、メニュー名通り夏らしくヒマワリ風なパンを焼いていただきます♪
e0222340_15255780.jpg
 ご用意したフィリングは炒めた玉葱とベーコン!このコラボが美味しくない訳がありません!!

 ベンチタイム後のいつもの生地を丸く伸ばして、アルミカップの上に敷き込んでいただきます。
e0222340_15152799.jpg
 器に見立てて・・・ と、中央にフォークで“ピケ”をして、
e0222340_1514225.jpg
周囲に挟みで切り込みを入れて“花形”のお皿になる様に・・・

ピケをするだけでは心配なので(笑) 
e0222340_15123116.jpg
 生地が膨らまない様に小さく切ったオーブンペーパー&ココット皿で重石をします。
e0222340_15163757.jpg
 発酵後、オーブンペーパーとココット皿で作った“くぼみ”の中にご用意したフィリングをそっと乗せていただいて。
e0222340_15171355.jpg
 そして、お約束のマヨネーズ。

 今年は予想に反した長梅雨&冷夏で夏野菜を楽しむのはいつになる事か・・・

 という事で。 “少しでも夏の気分を味わっていただきたい”と、
e0222340_15185313.jpg
今週は“W玉葱”でスライスした紫玉葱を飾り乗せていただきます♪

 スライス玉葱を追加しただけで、見た目が華やぎ可愛らしくなったのでは?と焼き上がったパンを見てみれば・・・
e0222340_1520587.jpg
 お花型のパンの器に乗った紫色の玉葱がヒマワリに見える!?
e0222340_15212888.jpg
 今週も美味しそうなパンをお持ち帰りいただきました♪

by d-yato | 2019-07-18 18:05 | パン作りレク

パンレク ~ 塩こんぶチーズスティック ~

 今週はお久しぶりのお惣菜パンです!
e0222340_15452560.jpg
 スーパーのパンコーナーで偶然出くわした塩こんぶのパン。
“面白い!!”と食べてみた所、なんだかちょっとぼんやりとした味でしたので、やとのパンレクでちょっとアレンジしてやってみようと思い立ったわけでして(笑)

e0222340_1546476.jpg
 いつものパン生地にあおさのりを加えて風味をアップ!
 成形はトッピングをしやすい様に、“手綱”成形です♪

e0222340_1547364.jpg
 ベンチタイム後の生地を少し伸ばして、中心に切れ目を入れて両端をクルっと巻き込んでいただきます。

 そして、発酵後に、
e0222340_155053.jpg
お醤油の入った卵を塗っていただき、
e0222340_15503520.jpg
マヨネーズ、
e0222340_15512269.jpg
スライス玉葱、
e0222340_15553039.jpg
塩こんぶ、
e0222340_15554924.jpg
とろけるチーズを順にトッピング。
e0222340_1614294.jpg
 全て盛り付けられたら、こちらをそのままオーブンへ。
e0222340_15592413.jpg
e0222340_15593880.jpg
 焼成の際にはオーブンから香ばしいお醤油の香りが漂い、お久しぶりの惣菜パンが焼き上がりました♪

 これは美味しい!

by d-yato | 2019-07-09 17:43 | パン作りレク

パンレク ~ クリームチーズのねじりパン ~

 甘党の皆様にご満足いただける様なスィーツなパンを焼いていただこうと、無い知恵を絞り出してメニューを考案致しました!(笑)

e0222340_1645683.jpg
 今週は、お好きなジャムを選択していただき、お好きな味のねじりパンをお作りいただきます!

 湿度が高くなり生地の扱い難い季節ですが、先週は“あん包み”のみの簡単な工程でしたので、少々難易度を上げさせていただきました。
e0222340_1604915.jpg
 ベンチタイム後の生地をパンマットに貼りつかない様に細長く伸ばし、
e0222340_1611933.jpg
クリームチーズとお好きなジャムを片側半分に寄せて塗り広げていただきます。

 フィリングを塗り広げた生地を半分に折り畳み“閉じ目はしっかり”いつもの様に。
さて、ここからが簡単なようで難しい、仕上げを左右する最終の工程です!

 幅が取れなかった生地は気泡で破れてしまわない様に少しだけ伸ばし広げていただき、“切り分けない様に!”縦方向に三本の切り込みを入れていただきます。
e0222340_16573673.jpg
 この切り込みが、のちのちの模様の出方が変わってくる本日最大のポイントとなります!

e0222340_172524.jpg
 切り込みを入れた生地を手に付いてくるフィリングと格闘しながらクルクルとねじっていただいて、両端を下に入れ込む様に丸く形を整えていただきます♪
e0222340_1731967.jpg
 天板に花が咲いた様なジャムの色合いに「あら可愛らしい」「焼けたらどうなるのかしら?」と想像の膨らむ皆様。
e0222340_1734249.jpg
 発酵後には塗卵をしてポップシュガーを乗せていただき焼成です。

e0222340_1745738.jpg
e0222340_1751451.jpg
 焼き上がったパンを前に、「やっぱり可愛らしい!!」、「上手く出来たわ」、「あなたの色(ジャム)綺麗ね」と満面の笑顔で談笑される皆様♪

 今週もにぎやかさと和気あいあいさが融合した中でのパンレクスタートです(笑)

by d-yato | 2019-07-02 17:48 | パン作りレク

パンレク ~ コーヒー生地のミルクあんぱん ~

 しつこい様ですが、ジメジメとした嫌なこの時期・・・

 パンレクのメニューにも頭を悩ます季節となりまして・・・

 今週は「真夏に向けて最後のクリーム系」となるかもしれない、ミルククリームを包んだコーヒー生地のあんぱんを焼いていただきます!

e0222340_17103328.jpg
 今までも何度か登場したコーヒー風味のパン生地に、
e0222340_17105926.jpg
今週は自家製ミルククリームを♪
 お口に入り、目指すはカフェオレです(笑)

e0222340_1714047.jpg
 コーヒー入りの茶色い生地を丸めていただき、
e0222340_17181394.jpg
ベンチタイム後の生地を麺棒で丸く広げ、皆様待望のミルククリームを伸ばした生地で包んでいただきます!
e0222340_17185721.jpg
 “やとのパンレク”では度々登場する“あん包み”の工程です♪
e0222340_17194087.jpg
 そして、クリームがはみ出さない様に閉じ目をしっかりと摘まんでいただき、閉じ目を下にして発酵です。
e0222340_17204740.jpg
 発酵後には塗卵をしていただき、アーモンドで飾り付けを♪

e0222340_17211891.jpg
e0222340_17213050.jpg
 オーブンから久し振りに漂う甘く香ばしい香りに、ご利用者様方のみならず職員もハートを鷲掴みにされた今週のパンレク。

 本当にお口の中では、「カフェオレ」となるのでしょうか!?
 パンレク責任者でもある辻のセンスが問われるパンレク。

 来週、皆様方のご感想が楽しみです♪

by d-yato | 2019-06-25 18:04 | パン作りレク

パンレク ~ 初物スイカの造形パン ~

 また本日も、ジメジメした暑さを感る一日となりました・・・

 今週は、“夏”を意識したメロンパンならぬスイカをパンを焼いていただきます♪
e0222340_1522456.jpg
 紅麹を加えたピンク色の生地で果肉を、種の部分は刻んだレーズンをと、こんな生地をご用意。

e0222340_15254914.jpg
 そんなピンク色の生地を丸めていただき、
e0222340_15263063.jpg
「今日は簡単だったわね?」、「今日はこれで終わり?」とホッとするパンレクテーブル・・・

 しかしながら先週のカタツムリに続き、今週も造形パンに挑戦していただきますので、このままでは終わりません(笑)

e0222340_15275220.jpg
 丸め直した生地の上に、スイカの皮に見立てた抹茶入りの緑色のクッキー生地をピンク色の生地を覆い隠すべく絞っていただきます。

緑色の団子となった生地を発酵して・・・・

e0222340_1528584.jpg
 発酵後には、見た目重視の方は炭の入った黒色のクッキー生地を、お味重視の方にはココアの入った茶色のクッキー生地で“スイカの模様”を思い描きながら、これまた絞っていただきます♪

「スイカの模様って真っすぐだったかしら?」、「ギザギザだったんじゃない?」と、改まって考えると不思議と思い出せないスイカ模様・・・

 今まであった建物がなくなり更地になっていると「あれ? ここは何が建ってたかしら?」と思い出せないのと同じですかね?

e0222340_15322944.jpg
「雷様みたい!!」、「風船の模様になっちゃったわ(笑)」と、今週のパンレクで一番盛り上がったのがこの工程(笑)

 スイカの模様も立体的でまさに造形です! 
粘土細工の様な工程を和気あいあいと相談をされながら進められて完成したのは・・・

e0222340_15334166.jpg
 可愛らしい小ぶりなスイカのパンが焼き上がりました♪

断面は・・・
e0222340_1534936.jpg
 気持ち種まであって、まさにスイカ!?

 初物は西に向かって笑いながら・・・でしたっけ?

 ジメジメと暑さ続きの日本の梅雨。
スイカのパンで目だけでも涼を味わっていただけたら幸いです・・・

by d-yato | 2019-06-20 18:19 | パン作りレク

パンレク ~ 梅雨入りしました! かたつむりパン ~

 ここのところ、ブログでも“梅雨入り”、“梅雨入り”のオンパレードですが、パンレクもやはり梅雨入りです(笑)

 適度な湿度はパンを美味しくしますが、湿度が高いと生地が扱い難くなると言う難点も・・・

 しかし、やとのパンレクはベテラン主婦の集まりなので扱い難い生地もなんのその!? 今週は梅雨を意識して、カタツムリ成形のパンを焼いていただきます♪

e0222340_1612479.jpg
 そこで今回は、大きさの違う生地をご用意させていただき、一つはかたつむりの顔(首?)、もう一方は身体になる大きさになる様生地を丸めていただきます。

e0222340_16451787.jpg
 ベンチタイム後に貝となる部分を長方形に伸ばしていただきます。
e0222340_1655543.jpg
 伸ばした生地に溶かしバターを塗っていただき、
e0222340_1661011.jpg
その上にシナモンシュガーを均等に広げ、
e0222340_1663346.jpg
さらに、アジサイ色まで意識したブルーベリージャムを乗せていただきます。

 これだけでもゴージャス♪
全てを乗せ広げた生地を端からクルクルと巻き上げて、閉じ目を“しっかりと”閉じて等分にカットしていただき、と・・・
e0222340_1683033.jpg
 なんとなく“カタツムリ”のお家に見えてきたのではないでしょうか?
e0222340_16463993.jpg
e0222340_16112934.jpg
 そして小さな顔になる生地を伸ばし“お家”に添わせつけていただきます。

 しかし、このままだと“得体のしれない形”ですが、ここからが本番です!!

e0222340_1612418.jpg
 短くカットしたパスタを“ツノ”に見立てて差し込んでいただき、
e0222340_16131048.jpg
眼と口を竹炭で描き入れます。

すると・・・
e0222340_1613526.jpg
 でんでんムシムシかたつむり♪

 こちらを、オーブンで焼き上げてみれば・・・

e0222340_1615023.jpg
e0222340_16144599.jpg
e0222340_16151570.jpg
 かたつむりパンの出来上がりです♪

 先週とは打って変わっての複雑な工程となりましたが、パーツに分かれた生地を前に頭を悩ませられながらも、粘土細工・造形の様な工程を楽しんでいただけたのではないでしょうか?

 雨を眺めながら、美味しく召し上がっていただけたらと思います!

by d-yato | 2019-06-11 17:48 | パン作りレク