ブログトップ | ログイン

2019年 08月 01日 ( 1 )

パンレク ~ 令和イングリッシュマフィン ~

 決してメニューのネタが切れた訳ではありません・・・
新しいメンバー様も増えたという事で、今週は、かなり昔に作っていただいたお食事パンを焼いていただきます!

 いつもは手作りの型を使っていただいているやとのパンレクですが、なんと今週はNS佐野から譲り受けた素敵なアイテム(セルクル型)をご使用いただきます♪

 ステンレスの型が並んだだけでググッと本格的な雰囲気が漂い、菓子パンでも総菜パンでもございませんが心なしか皆様の背筋がいつもよりピンと伸びている気がするパンレクテーブル(笑)

e0222340_1432312.jpg
 今回は、香ばしさとプチプチ食感の決め手となるコーングリッツを加えた、いつもより少し黄色みがかった生地をご用意。

 生地の中の油脂量が少なく成形が簡単な事から、
e0222340_14324821.jpg
生地が型に付かない様にといつもは事前に職員が行わせていただいている“型の回りにバターを塗る”下準備も、皆様にお願いをして準備万端にパンレクスタートです!

 ベンチタイム後の生地を丸め直していただき、
e0222340_14333729.jpg
型に入れる前にコーングリッツを敷き込んだバットの上で転がしていただきます。
e0222340_14352985.jpg
 そのコーングリッツを纏った生地を、バターを塗った型の中にそっと入れていただいたところで発酵です。
e0222340_14365564.jpg
 発酵により型からはみ出すほど膨らんだ生地ですが・・・・
e0222340_14371059.jpg
 皆様が目にされる平らな“イングリッシュマフィン”とさせるため、焼成の際に一層膨らんでしまう事のないよう重石代わりの網を乗せて、いざオーブンへ!

e0222340_17462376.jpg
 外側の“黄色い粉”が特徴的なイングリッシュマフィン♪

e0222340_14388100.jpg
 “黄色い粉”コーングリッツを生地の中に、また、生地の外側にもふんだんに使用して「粉がポロポロ落ちて食べ難いけれどプチプチ食感が楽しめる!」“パ●コ”や“ヤマ●ザキ”に負けないイングリッシュマフィンが焼き上がりました♪

by d-yato | 2019-08-01 18:19 | パン作りレク